実践力を身につける|製菓や製パンのスペシャリストに|製菓学校の選び方から授業内容まで
ウーマン

製菓や製パンのスペシャリストに|製菓学校の選び方から授業内容まで

実践力を身につける

デザート

東京の製菓学校では、コースにもよりますが、一流のパティシエやブーランジェを目指すために2年制のコースを設けているところがほとんどです。また、学校内で一般のお客様に向けて製造から販売まで行う東京の製菓学校もあります。1年目で基礎から応用までの製造に関する知識や技術を身につけ、2年目で実際に販売するまでの企画や準備、接客練習なども行ないます。より現場に近い状態で実習をすることで、程よい緊張感の中学ぶことができます。年齢や性別で、売れ行きのいい商品はどのような違いがあるかなど、マーケティングの面でもとても参考になります。

製造だけではなく、商品として販売するために様々なことを習得しなければいけません。手にとってもらえるように包装を工夫したり、目を惹くポップを作るなど、東京の製菓学校では商品をプロデュースする力も身につけることができます。また、製菓学校外から講師を招くこともあり、東京の有名菓子店のパティシやブーランジェから技術を学ぶこともできます。デモンストレーション以外にも質疑応答の時間などがあり、現場で必要とされる職人になるために必要なことなど、質問できるチャンスもあります。製菓学校だからこそ、学べることはたくさんあります。いざ職人として働くときに、製菓学校で学んだことが活かせるはずです。製菓学校で基礎を学び、現場では技術を学ぶことで、一流のパティシエ・ブーランジェの目標に近づきましょう。最先端の製菓・製パンが学べる東京の製菓学校で、たくさんの知識・技術を吸収しましょう。