夢を叶えるための製菓学校

製菓や製パンのスペシャリストに|製菓学校の選び方から授業内容まで

サポート体制

お菓子

製菓学校に通う際、授業内容だけではなく、学ぶ環境も気になります。東京以外の出身者の生徒には学生寮やアパートを紹介したり、就職先の相談にのってくれたりと、サポート体制はしっかりしています。

留学や就職も

婦人

パティシエを目標にしている人は、留学に興味がある人も多くいます。東京の製菓学校では、海外に姉妹校があるところもあり、憧れの海外留学もしっかりサポートしてくれます。

製菓学校の選び方

男女

全国には、数多くの製菓学校があります。パティシエやブーランジェ、ショコラティエなどを目指す方は、どのように製菓学校を選べばいいのか悩むでしょう。より自分の目標に近づくためには、どのようなことが学べるか、就職のサポートもしてくれるかなど、将来のことも考えて慎重に製菓学校を決めましょう。まずはどのような授業・実習が受けられるのか、製菓学校のパンフレットやホームページなどで探してみましょう。製菓学校は2年制のところが多く、洋菓子・和菓子・製パンの基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。製菓学校は実習に使う道具や材料費もあるので、学費は高くなってしまいます。しかし、奨学金制度があったり、教育ローンの紹介をしてくれる製菓学校がありますので、保護者とも相談しながら決めましょう。

就職のカウンセリングをきちんとしてくれる製菓学校も多く、数ある有名菓子店やホテルなどに就職したいという希望もサポートしてくれます。卒業して数年経ってからも相談にのってくれる製菓学校もあり、転職や自分でお店を開きたいというときにも安心です。また、卒業生がよく訪れる製菓学校もあり、実際の仕事の様子などを聞くことができます。アドバイスをもらえることもあるので、積極的に交流してみましょう。全国にたくさんある製菓学校から、自分の将来の夢を実現するにはどの学校がいいかということをきちんと考え、保護者とも相談しながら学校を決めましょう。製菓学校で楽しく学びながら、夢を実現させましょう。

実践力を身につける

デザート

製菓学校では、現場ですぐ通用する職人になるための授業を受けることができます。東京の有名菓子店のパティシエやブーランジェを講師に招いて授業を受けることもできるので、最先端の技術を学べます。